働く人々

ここ数十年の間に、衣料品産業は大きな変化をみせています。グローバル化に伴い、ほぼすべての大企業が生産拠点を新興国や発展途上国など遠方の国々に移しています。現在では、繊維の原料が衣服の完成品になるまでに数大陸をまたぎ、数多の生産施設を経由していることが少なくありません。こうした生産国は適用される法律や雇用規定がそれぞれ異なり、また社会的基準も概して先進国をはるかに下回ります。そのため当社では、自社製品が生産されるどの地域でも、責任をもって公正な労働条件を整えるという目標を自ら掲げています。この目的を推進するために、当社では数年前に公正ウェア基金(FWF: www.fairwear.org)に加盟し、世界でもとりわけ厳格なファッション業界の公正性に関する業務基準に従っています。

公正ウェア基金

製造現場の公正な労働条件を徹底するために、当社では数年前に公正ウェア基金(FWF: www.fairwear.org)に加盟し、世界でもとりわけ厳格なファッション業界の公正性に関する業務基準に従っています。

詳細

労働行動規範

労働行動規範はマムート製品の製造において遵守すべきFWFの「労働基準」を定めています。

詳細

FWFの労働行動規範の実施および監視

FWFの業務基準を効率的に実践するために、マムートでは管理体制を導入し、サプライヤーの労働条件を継続的に監視しています。独立した検査組織である公正ウェア基金は、マムートの講じる対策が効果的で整合性があるものかどうかをチェックします。

詳細

人材育成

公正な労働条件に向けた当社の取り組みでは、サプライヤーの労働条件の継続的な監視と社内プロセスの改善のほか、工場の管理者および労働者の情報と研修も重視しています。

詳細

サプライヤーとのビジネス関係

当社ではサプライヤーとの公正かつ長期的な関係構築に努めています。信頼で結ばれたパートナーシップは、労働条件の改善を目的とする有効な措置を講じるために不可欠な基盤となります。

詳細

新たな工場の選定手順

新規サプライヤーは、明確なガイドラインと正式なチェックリストを基に、数段階の詳細な選考過程を経て決定されます。社会的コンプライアンスは、この過程の重要な要素です。

詳細

生産国

マムートでは購入面でも完成品の販売面でもグローバル化が進んでいます。

詳細

新たな生産国の選定手順

生産の一部を新しい生産国に移すことは比較的稀で、詳細な分析結果に基づいて判断されます。労働条件や環境汚染に影響を及ぼすリスクや具体的な特徴については国別に評価しています。

詳細